リンクバッズWF-L900レビューや口コミ評価は?音漏れやノイズキャンセリングはする?

Pocket

SONYリンクバッズWF-L900レビューや口コミ評価をご紹介します。

早速、すごい人気でリンクバッズWF-L900ですが音漏れやノイズキャンセリング機能があるかも気になりますよね。

そちらの音漏れやノイズキャンセリング機能についても、レビューや口コミと合わせてお伝えしますね。

完全ワイヤレスイヤホンが、SONYから出るということで、期待が膨らみますね。

それでは、SONYリンクバッズWF-L900レビューや口コミ評価はは?ノイズキャンセリングや音漏れはする?をご覧ください。

\コンパクトで高性能ワイヤレスホン!/

\付け心地抜群!安定のフィット感!/

リンクバッズWF-L900レビューや口コミ評価は?

では早速、口コミや評判のレビューを見ていきましょう。

WF-900が気になっている人は参考にしてみて下さい。

 

SONYリンクバッズWF-L900悪い口コミ評判やレビューは?

リンクバッズWF-L900はマルチポイント非対応となっています。

なので、仕事用とプライベート用など分けて使いたい時などには少し不便となります。

ただ、2台同時に接続する必要が無い場合であれば気にするところではないと思います。

 

SONYリンクバッズWF-L900良い口コミ評判やレビューは?

使いやすい、価格的にもあり得ない、装着も問題ないなどの口コミが見られました。

実際に使用してみて満足されている人のほうが多いのではないでしょうか。

いやお使いのイヤホンが使いにくくなった、新しいのを探している方などは検討するのもありですよね。

 

SONYリンクバッズWF-L900のカラーバリエーションは?

カラーバリエーションはホワイト、グレーの2色。

どちらもシンプルなカラーなので、普段使いにもビジネスにも向いていると言えます。

\コンパクトで高性能ワイヤレスホン!/

\付け心地抜群!安定のフィット感!/

リンクバッズWF-L900の音漏れやノイズキャンセリングはする?

では次に、ノイズキャンセリングや音漏れについて見ていきましょう。

気になる人は事前チェックしてみて下さいね。

 

リンクバッズWF-L900の音漏れはする?

音漏れの口コミをまとめてみましたが、そこまで気にするほどでもないようです。

ただ、実質全く音漏れがしないわけではないので後は使い方次第といったところでしょうか。

場所を選んで使えば、非常に使いやすいワイヤレスホンだと思います。

 

リンクバッズWF-L900にノイズキャンセリング機能はある?

WF-L900にはノイズキャンセリング機能はないようです。

これまではノイズキャンセリング機能を突き詰めている印象がありましたが、今回は逆に遮音性の無さを追求しているようです。

自分が聞きたい音を聞きながらも、他の人との会話や必要な音を取り入れることができることをコンセプトになっています。

ですので、ノイズキャンセリング機能はありませんが、音飛びや動画などの低遅延もしにくい設計となっています。

\コンパクトで高性能ワイヤレスホン!/

\付け心地抜群!安定のフィット感!/

リスニングスタイルは耳を塞ぐ事無く開放的に

WF-L900では、振動板の中心部を開放した新開発のリング型ドライバーユニットを搭載しています。

耳をふさがない状態で、周囲の音や自分の声を自然に聞きつつ、自分の聞きたい会話や音楽などを楽しむ事ができます。

 

WF-1000XM4と同じ統合プロセッサーV1を使用

統合プロセッサーV1に搭載しているポータブル向けとして高いS/N比と、低歪な特性を持つD/A変換回路を採用しています。

またヘッドホンアンプと独自開発したリング型ドライバーユニットにより、クリアな高音質となっています。

 

高音域をクリアに再現する「DSEE」を搭載

ソニーの独自開発技術「DSEE」。

この独自開発技術により圧縮された音源で失われがちな高音域を、CD音質相当までヘッドホン内で補完してくれるようです。

ストリーミング再生やMP3、Bluetoothの伝送コーデックなどにより圧縮された音源を、自然な音で再生可能となっています。

 

よりコンパクトに長時間使用を可能にしたデザイン

WF-1000XM4から本体サイズが51%小型化し、ケースサイズは26%小型化となりました。

フィッテングサポーターも5サイズあり、耳へのフィット感もいいです。

XS、S、M、L、XLがあるので、自分の美位に合ったサイズが見つかると思います。

また、よりコンパクト化した事によりケースの持ち運びも便利となっています。

 

マイク性能はよりクリアになり通話が可能

高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、高い通話品質を実現されているそうです。

5億ものサンプルを超えるAIの機械学習で構成された装着者の声と、それ以外の環境ノイズを分離するアルゴリズム。

これらにによって、周囲の環境ノイズを抑え、騒がしい場所でも使用者の声をクリアに抽出してくれます。

圧倒的に豊富な基本性能と便利な操作性

音楽再生可能時間は、本体のみで約5.5時間、付属のケースでの充電を含めて合計約17.5時間とのこと。

また、急速充電にも対応しており、10分間の充電で約90分の再生が可能に。

機器とのペアリングも簡単です。

WF-L900をパソコンやタブレットに近づけると、接続ガイダンスのポップアップが現れ、簡単にペアリングが可能です。

Google のペアリング機能「Fast Pair」にも対応しているとのことで、ワンタップでペアリングできるのは嬉しいですね。

さらに、もしヘッドホンを見失っても、スマートフォンに接続されている場合は、音を鳴らして探すこともできます。

操作性に関しても、素晴らしい機能が。

本体操作だけではなく、耳の辺りをタップすることで、再生・一時停止・楽曲のスキップなどの操作が可能な「ワイドエリアタップ」機能を搭載しています。

 

スマホやPCともに便利なスマート機能

「Spotifyアプリ」で音楽を今すぐ聴きたい時には、スマホを取り出さずに本体をタップ。

これだけで、最後に聞いていた楽曲を再生したり、プレイリストを切り替えたりすることが可能です。

また、周囲の騒音レベルに合わせて自動で再生音量を調整してくれます。

スマホで操作しなくても、適切なボリュームで音楽を楽しみくことができますね。

更には、声を発する事で自動で再生中の音楽を停止、消音してくれる機能も。

本体を外すことなくスムーズに会話することが可能です。

会話が終了すると自動で音楽が再生されるので、スマホなどの操作がいらないところも素晴らしいです。

 

イコライザー調整でお好みの音質にカスタマイズ

「Headphones Connect」という専用スマートフォンアプリがあります。

そのアプリで「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットの設定が選択できます。

また、カスタマイズ機能も充実でお好みのイコライザー設定も可能です。

音にこだわりがある方には、非常に嬉しい機能ですね。

 

その他の機能

その他にも以下のような機能があります。

  • 音質モードの切り替え
  • DSEEのON/OFF
  • 立体音響の最適化設定
  • 通知音と音声ガイダンスの言語の変更

機能が豊富でこの1台で様々な事が出来ます。

\コンパクトで高性能ワイヤレスホン!/

\付け心地抜群!安定のフィット感!/

まとめ

今回はSONYリンクバッズWF-L900の口コミ・評判やレビュー、ノイズキャンセリングや音漏れはあるのかについてお伝えしました。

音にこだわりを持つSONYからの、耳を塞がないヘッドホンであるリンクバッズWF-L900です。

口コミや評判、レビューも評価は非常に高かったです。

ノイズキャンセル機能はありませんでしたが、それをしのぐ性能差があると思います。

また、音漏れについてはそこまで気にするほどではないと思います。

それでは、SONYリンクバッズWF-L900口コミ評判やレビューは?ノイズキャンセリングや音漏れはする?を最後までご覧いただきありがとうございました。

\コンパクトで高性能ワイヤレスホン!/

\付け心地抜群!安定のフィット感!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です