シアトリズム ファイナルバーラインの評価は?体験版や操作方法は?

Pocket

ファイナルファンタジーの音楽ゲームである「シアトリズム ファイナルバーライン」ですが、事前の評価はどうなっているでしょうか。

もし体験版があるのなら、操作方法も確認できるので嬉しいですよね。

今回は「シアトリズム ファイナルバーライン」の評価や体験版の有無、操作方法について見ていきます。

ファイナルファンタジーの音楽はどれも人気で評価が高いので、ゲームとなったことでファンも非常に嬉しいのではないでしょうか。

では、シアトリズム ファイナルバーラインの評価は?体験版や操作方法は?をご覧ください。

 

シアトリズム ファイナルバーラインの悪い評価は?

あまりよくない評価をされている点は、以下のような点です。

  • 操作方法に不満
  • 収録曲数の違い
  • 値段が高い

 

操作方法

3DSの過去作では、タッチペン操作も可能でした。

このタッチペン操作が楽しかった、操作しやすかったという人も多いです。

最新作では、ボタンとスティックでの操作となります。

タッチ操作ができないことに不満を抱いている人もいるようです。

PS$とスイッチで発売されるので、そういった事も関係しているのかもしれませんね。

スイッチだけであれば、画面タッチで行けた気もしますね。

 

収録曲

収録曲にも若干不満がある人も。

「シアトリズム ファイナルバーライン」は通常版以外のバージョンがあり、バージョンによって収録曲の曲数が異なります。

遊びたい・聞きたい曲が通常版に収録されておらず、悲しい気持ちになっている人もいるようです。

 

価格が高い

上記のようなバージョン違いによって、もちろん販売価格も異なります。

一番高いもので11,880円です。

遊びたい曲が収録されているバージョンを買いたくても、価格が高く、手を出せないという人もいるようです。

 

シアトリズム ファイナルバーラインの良い評価は?

 

多くの人が以下のような理由で楽しみにしています。

  • 収録曲が豊富
  • FFの曲が好き
  • FF以外の曲もある

 

収録曲が豊富

一番高い「プレミアムデジタルデラックスエディション」では、総楽曲数が502曲。

非常に多くの曲が収録されているので、お気に入りの曲で遊ぶことができるのが嬉しいという人が多いです。

 

ファイナルファンタジーの曲が大好き

ファイナルファンタジーは楽曲の評価が非常に高いです。

作品数も多く、新作が出ると同時に高い評価を得る楽曲も増えていきます。

音楽ゲームは苦手でも、楽曲が好きなので購入する、という人もいるようです。

 

ファイナルファンタジー以外の曲もある

ファイナルファンタジーシリーズの楽曲が収録されているのはもちろんですが、

その他の楽曲も収録されている点が、評価が高いです。

聖剣伝説やクロノトリガー、オクトパストラベラーなど、人気のゲームの楽曲が収録されています。

スクエニが大好きな人に嬉しい音楽ゲームとなっています。

 

シアトリズム ファイナルバーラインの体験版は?

つぎに、体験版の有無について見ていきましょう。

現状、「シアトリズム ファイナルバーライン」の体験版情報は出ていません。

では、過去作ではどうだったでしょうか。

過去作から今後の傾向を予想することができるかもしれません。

 

シアトリズム シリーズに体験版はあった?

過去作の中には、体験版がありました。

「シアトリズム ドラゴンクエスト」や「シアトリズム ファイナルファンタジーカーテンコール」で体験版を遊ぶことができました。

そのため、もしかすると「シアトリズム ファイナルバーライン」でも体験版が出る可能性はありますね。

 

シアトリズム ファイナルバーラインの操作方法は?

最後に、操作方法、モード、難易度について見てみましょう。

どうしようか気になっている人はチェックしてみて下さいね。

 

リズムアクション

リズムに合わせて、ボタンやスティックで入力をしていきます。

タッチトリガーはボタンを押す動作、スライドトリガーは矢印の方向にスティックを倒します。

長さの分だけボタンを押し続けるのはホールドトリガーという動作。

更に、長さの分だけボタンを押し続けながら、矢印の方向にスティックを倒すのがホールドスライドトリガーです。

 

3つのミュージックステージ

楽曲のタイプによって、3つのステージに分かれています。

  • バトルミュージックステージ:アップテンポなバトル曲に合わせて、敵を倒していくステージです。
  • フィールドミュージックステージ:ゆったりとしたフィールド曲に合わせて、パーティと一緒に先に進みます。
  • イベントミュージックステージ:各作品の名場面が背景で流れる中でリズムアクションが楽しめます。

 

難易度が選べる

基本的には難易度は3段階です。

「基本」、「熟練」、「究極」となっています。

一部の楽曲には最高難易度の「超絶」もあるのだとか。

 

まとめ

今回はファイナルファンタジーの音楽ゲーム「シアトリズム ファイナルバーライン」の評価や体験版の有無、操作方法について見ていきました。

ファイナルファンタジー以外の楽曲も収録されているので、スクエニゲームが大好きな人には楽しみな作品となっています。

まだ発売前ですがやはりファイナルファンタジーの楽曲という事で評価もいいです。

かなり「シアトリズム ファイルバーライン」が期待されていることが分かります。

体験版はまだ情報がありませんが、続報に期待しましょう。

操作方法は過去作のタッチ操作がなくなるという点は、覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です