NFTアートに必要なものは?初心者の作り方から出品の方法まで紹介!

Pocket

近年話題になっているNFTアートは唯一無二の自分の作品ということで、そのNFTアートの売買も率先して行われています。

まだまだ馴染みのないNFTアートですが、買い手がつけばそれなりの金額を手にすることができます。

そこで、NFTアートに必要なものやは実際にどのように作成するのか、その作り方をご紹介します。

さらにNFTアートの初心者がを作成するために、どのようなアプリがおすすめなのかもまとめました。

作り方はアプリを使用すれば初心者でもNFTアート作成は簡単ですので、NFTアートに必要なものと一緒に参考になればと思います。

それでは、NFTアートの作り方は?おすすめアプリは?をご覧下さい。

 

NFTには仮想通貨の口座が必須ですが、すでに口座開設は済んでいますか?

入手したコインを仮想通貨に交換したいと思っても、口座開設に数日かかる場合もありすぐに替えられない可能性があります。

そこでオススメなのが、スマホだけで最短1日で口座開設できるコインチェックなんです。

無駄な時間をかける事が無く、隙間時間を使って簡単3STEPで登録できてしまいます。

しかも仮想通貨の銘柄が17種類と豊富で、NFT関係はコインチェックがあれば他の仮想通貨口座を開設する必要がないぐらいです。

さらに今なら、無料口座開設と少額の入金で2500円分のビットコインも貰えるキャンペーンを実施中です。

ですがこのキャンペーンが6月30日までと期限が決まっており、次にいつキャンペーンが再開されるかわかりません

この期間をお見逃しなく、気になる人は口座開設してみてはいかがでしょうか。

\DL数No.1で安全安心の取引き!/

コインチェック

≫コインチェックで無料口座開設≪

NFTアートに必要なものは?

まずは、NFTアートに必要なものをご紹介します。

何が必要なのかしかk梨確認していきましょう。

 

無料で作れる仮想通貨口座を開設

まず必要なのが、無料で作れる仮想通貨口座になります。

NFTアートの売買にはETH(イーサリアム)が必要となります。

そのETH(イーサリアム)を購入するために無料で作れる仮想通貨口座を持たなければいけません。

そこで、みんな利用しているのがCoincheckなんです。

Coincheckは国内初のNFTマーケットプレイスとして他のNFTゲームにも対応しており一番相性がいいです。

また取り扱い仮想通貨も17種類と多く、NFTゲームをプレイするにも非常に便利なんです。

しかもCoincheckの無料口座開設は、簡単で誰でもすぐに口座開設できてしまうんです。

今すぐ無料口座開設をして、NFTアートをいつでも始められる状態にしておきましょう。

\ダウンロード数No.1の安定感/

コインチェック

 

NFTアート作成用のアプリやフォーマット

NFTアートをを作るには、デジタルアートを作成するアプリが必要になります。

アプリは色々と種類があるので、自分の使いやすいアプリを選ぶといいと思います。

また、作成するにはPCやタブレットなどのデジタルアートを作成するフォーマットが必要になります。

 

NFTマーケット用のアカウント作成

NFTアートを取り扱っているNFTマーケットプレイスにアカウント登録が必要になります。

日本人クリエイターも多く使用していた一番有名な市場としてはOpenSeaですね。

ここに登録を済ませておけば、NFTアートの取引ができるようになります。

 

NFTアート初心者の作り方から出品の方法まで紹介!

NFTアートの作り方は難しいかもしれませんが、初心者の方でも0から始めることは可能です。

NFTアートの作り方から出品の方法までご紹介します。

 

デジタルアートで作成

基本的な事ですが、NFTアートのイラストは著作権に触れないよう、自分の作品を作成しなければなりません。

「illustrator」などのアプリでイラストを描くことでNFTアートを作成することができます。

他にも、最近トレンドであるドット絵もアプリを使用すれば初心者の方でも簡単に作成することができるようになっています。

 

手書きで作成したものデジタル化する為に取り込む

パソコンやタブレットで絵を描くことが苦手という人も、そのようなアプリがない方でも安心してください。

紙に描いた絵をアプリなどでスキャンして、デジタル化するという方法もあります。

スキャンした絵はアプリ内で編集することもできます。

また下書きを描いて、アプリでスキャンして着色などを行うということもできます。

 

作成したアート作品をNFTアートにする

アプリ内で作成したら、やはり売買したくなります。

NFTアートにするには作品をアップロードする必要があります。

例えば、「OpenSea」という世界最大手のNFTマーケットプレイスがあります。

「OpenSea」はNFTアートの購入や出品ができるようになっており、登録するだけで簡単にNFTアートを作成できます。

まずは、ここに登録できるようにする必要があります。

 

NFTアートを出品する方法は?

今回は先ほど紹介した「OpenSea」を例にお伝えします。

  1. 仮想通貨取引所のCoincheck NFT(β版)の口座を開設する
  2. 仮想通貨「イーサリアム(ETH)」を購入する
  3. 財布の役割を果たす「MetaMask」を準備する
  4. 「イーサリアム」を「MetaMask」に送金する
  5. 「OpenSea」の登録
  6. 「OpenSea」でNETアートを作成
  7. 「OpenSea」で必要事項入力後出品

出品するためには手数料などがかかりますので、仮想通貨が必要になります。

NFTアートなどは基本的に仮想通貨での取引が主になりますので、口座の開設が必要です。

さらに仮想通貨を入れておくお財布が必要となるので「MetaMask」に登録をしてイーサリアム(ETH)を送金します。

最後に「OpenSea」に登録し、作成したNFTアートを出品する流れになります。

アカウントにはパスワードを設定しますので、パスワードは忘れないように注意しましょう。

 

NFTアートおすすめアプリは?

NFTアートを作成するにはアプリを利用すると思います。

ですが、実際アプリは沢山ありますので、どれを選べばいいか迷いますよね。

NFTアートを作成するためにおすすめのアプリをご紹介しますので、自分の作品作りの参考にしてください。

 

8bit painter

ドット絵を作成できる無料アプリで、スマホでもご利用いただけます。

簡単にドット絵を作成することができ、必要最低限の機能しか備わっていないので、初心者の方でも簡単に始めることが可能です。

サイズの制限やアプリ内で保存できる枚数が決まっているので、注意が必要です。

 

Pixelable – ドット絵エディター

こちらもドット絵を作成できる無料アプリで、スマホでもご利用いただけます。

昨日が多く備わっており、躍動感のあるドット絵を作成できることが特徴です。

人気作品をドット絵にしたり、二次創作に向いているアプリではありますが、著作権には十分に注意しましょう。

作品を作りたいけど、どういうものを作ればいいかわからないという方はドット絵で二次創作をしてみてはいかがでしょうか。

こちらのアプリは広告削除の金額が少し高めとなっております。

 

カンタンドット絵メーカー

こちらもドット絵を無料で作成できるアプリで、スマホでもご利用可能です。

「8bit painter」と同じように初心者の方におすすめのアプリで、色阿選びなどの操作も簡単です。

背景色を白・黒・透明と選択できる機能もあります。

 

ドット絵エディタ

ドット絵を簡単に作成できるアプリです。

無料でありながら、レイヤー編集やトレース機能など様々な機能が備わっています。

タッチペンで絵を描くようにドット絵を描くことができ、操作も簡単ですので、初心者の方におすすめです。

広告が表示されますが、課金により削除可能となっております。

 

Photoshop

こちらは定番の画像編集ソフトです。

無料体験ができますが、基本的には月額料金がかかります。

デジタルアートを作成することができるアプリとなっておりまして、スマホ版もありますので、気軽に始めることができます。

多彩な機能が備わっているため、本格的なイラストを描くことができます。

 

Illustrator

こちらも定番で、プロも使用する画像編集アプリですね。

多くの機能が備わっている分操作に慣れるまで時間がかかるかもしれませんので、早めに始めることをおすすめします。

月額料金がかかりますので、使用する際はご注意ください。

パソコンで使用するならペンタブレットを購入をすれば楽になるかもしれません。

 

NFT初心者にオススメのNFTの教科書

NFTをもっと知りたい、NFTを勉強したい、NFTを今から始めたいって思いませんか?

でも難しい単語が多くてわからない、NFTサイトや動画を見てもわからない、調べる事が多く進まない、効率的に時間を使えない。

そんなNFTの基礎が、しっかり学べるNFTの教科書が人気なんです。

でも買って自分には合わなかった、文字ばかりで目が疲れる、読んでいる時間が取れない事もあるかもしれません。

そこでオススメなのが、Amazon オーディブルなんです。

Amazon オーディブルは、NFTの教科書を読んだり朗読で聴く事が可能で本を買う必要がないんです。

  • 朗読機能を使って耳でNFTの勉強ができる
  • スキマ時間を有効に使って時間を有効に使える
  • 調べる事が減り他の事に集中できる

しかも今なら30日間の無料キャンペーン付きなので、無料でNFTの教科書が読めて勉強ができてしまうんです。

お金をかける事無く、簡単3STEPの無料登録だけで今すぐAmazon オーディブルが使えます。

その日から、すぐにNFTの勉強を始める事が出来ます。

私もさっそく利用しましたが、NFT初心者の私でも内容がわかりやすく何より耳で聴くので知識が入りやすかったです。

もちろん、30日以内に解約したので0円の無料でNFTの勉強に役立ちました。

ですが、利用者急増中なので30日間の無料キャンペーンがいつ終わるかわからないんです。

30日間の無料キャンペーンが終わる前に、お早めに使ってみて下さいね。

\無料朗読でNFTの勉強ができる!/

 

まとめ

NFTアートに必要なものは?初心者の作り方から出品の方法までご紹介いたしました。

NFTアートに必要なものは仮想通貨口座、NFTアート作成準備、NFTアートを出品する場所となります。

手続きはどれも簡単で、初心者の方でも気軽に始めることができます。

またNFTアートの作れるアプリもたくさんありますので、興味のある方もすぐにNFTアートを作成することができます。

最近のトレンドになっているドット絵なら記載したおすすめのアプリを利用すれば簡単に始めることができます。

本格的なイラストを描くなら少しお金がかかるかもしれませんが、書き続ければ応援してくれる方も増えるかもしれません。

NFTアートに必要なものをそろえて、NFTアートを今すぐに始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、NFTアートに必要なものは?初心者の作り方から出品の方法まで紹介!を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です