Agletでスニーカーをリペアするタイミングはいつ?回数の違いや0になった時の対処法は?

Pocket

Agletでスニーカーのリペアには気を遣っていますか?

スニーカーのリペアのタイミングはいつなのでしょうか。

スニーカーには回数の違いもありますし、リペアできる回数が0になる事もあるかもしれません。

リペアの回数の違いや、その回数が0になった時の対処法についてお伝えします。

またリペアステーションがどこにあるのかも併せてご紹介します。

タイミングをおさえ、いつリペアすればいいか、対処法やリペアステーションの場所を覚えましょう。

回数が限られているからこそリペアをするタイミングは重要になります。

では、Agletでスニーカーをリペアするタイミングはいつ?回数の違いや0になった時の対処法は?をご覧ください。

 

今だけコインチェックで、ビットコイン2500円分が貰えるキャンペーンご存じですか?

無料の口座開設とたった500円の入金で、5倍のビットコイン2500円分が貰えるんです。

しかも無料口座開設は、スキマ時間を利用してすぐ作れてしまうんです。

  • 通勤中
  • お昼休み
  • 寝る前

たった5分の無料口座開設でビットコイン2500円分貰えるのはコインチェックだけです。

もちろん、登録に難しい手順もありません。

  • カンタン3STEP
  • 最短1日で無料口座開設
  • スマホですぐ作れる

わざわざPCを開く必要も無く、いつでもどこでも作れるので忙しい人でも大丈夫です。

ですが無料口座開設から、72時間以内に入金しないとビットコイン2500円分が貰えないんです。

ちなみに取り扱い通貨数が国内最大級の17種類で、The sandboxの通貨SANDの取り扱いも始まりました。

国内初のNFTマーケットプレイスの安心感もあり、NFTアートやNFTゲームにコインチェックだけ利用している人も多いんです。

つまり無駄に口座を作る事が無く、コインチェックのIDやパスワードだけで十分なので管理がとても楽です。

このキャンペーンは6月30日までの期間限定なので口座開設予定の人はお早めにどうぞ。

\国内暗号資産取引アプリDL数No.1/

コインチェック

Agletでスニーカーをリペアするタイミングはいつ?

では早速、スニーカーをリペアのタイミングについて見ていきましょう。

無駄にリペアをしてしまうのはもったいないですからね。

 

Agletのスニーカーをリペアするタイミングは?

スニーカーの消耗が進むと、スニーカーの見た目に反映されていきます。

Conditionのパーセンテージも減っていくので、その数値が少なくなったらリペアしましょう。

0%になると、リペアすることができなくなるので、その前にリペアしましょうね。

単純にリペアステーションで回復できるリペア量よりも、Conditionのパーセンテージが多かったらもったいないです。

回数を無駄にしないためにも適材適所でリペアした方がいいですね。

ですが、0パーセントになってしまうとリペアではなくデッドストックでしか治せなくなるのでそこも注意です。

 

Agletでリペアステーションはどこにある?

マップ上にリサイクルマークのようなアイコンがある場所があります。

そこがスニーカーのリペアステーションです。

スニーカーをリペアする場合はそこまで足を運びましょう。

リペアステーションの範囲に入れば、「REPAIR NOW」という表示が出て、リペアできるようになります。

 

Agletのリペアステーションでやれる事は?

スニーカーの修理可能回数が残っているスニーカーの修理を行うことができます。

リペアすることでスニーカーのConditionパーセンテージが回復します。

そして、スニーカーの修理可能回数が減ります。

 

Agletのリペアステーションごとに使える靴の種類や機能が違う?

リペアステーション毎に、異なる性能が設定されています。

回復量、対応するスニーカーのレア度、次回使用可能になるまでの時間が異なります。

どこのリペアステーションでも回復量が同じ、というわけではないので、注意が必要です。

事前に確認しておくといいですね。

 

Agletでデッドストックステーションはどこにある?

マップ上にドクロマークのようなアイコンがある場所があります。

そこがデッドストックステーションです。

 

Agletのデッドストックステーションでやれる事は?

通常のリペアで修理できないスニーカーを修理します。

スニーカーを0%から回復させる事が出来ます。

ただし、リペア回数が0になったものを戻す事はできません。

 

Agletのリペアアイテムの種類や回復量は?

リペアアイテムは歩いてゲットしたり、獲得したAgletで購入できます。

アイテムごとに20%や60%と回復量が異なります。

その性能はリペアステーションと同様で、修理のために使用すれば、修理可能回数が1減ります。

 

Agletでスニーカーのリペア回数の違いや0になった時の対処法は?

では、リペアできる回数が0になった時の対処法を見ていきましょう。

上記でも書きましたが、リペアステーションではどうにもなりませんので、注意してください。

 

スニーカー毎にリペア回数に違いがある

スニーカーによってリペアできる回数が異なります。

2回までや3回までと決まっているので、自分のスニーカーの回数を確認してみてくださいね。

 

スニーカーをリペアする時は慎重に

リペア回数が限られているので、リペアには慎重になりましょう。

リペアできなくなったスニーカーのConditionが0になっては、もうそのスニーカーは使えません。

パーセンテージが少し減ったからといって、、すぐにリペアすることのないように。

 

スニーカーのリペア回数が0になった時は?

リペア回数が0になったら、もうそのスニーカーは修理できません。

Conditionがあるうちは履いて使用することもできますが、できれば100%の状態のままにしておきましょう。

そしてマーケットプレースで売ってしまいましょう。

汚れていても売れるようですが、綺麗な方が売れやすいかと思います。

 

スニーカーをリペアする時ステーションとデッドストックどっちがいい?

デッドストックでもスニーカーを修理することができます。

デッドストックで修理すると、Conditionが100%まで回復します。

ただし、次に使用できるまでに1週間ほどかかります。

おすすめはこちらのデッドストックです。

リペアステーションは100%まで回復しないのに、リペア回数が1減ります。

デッドストックは同様に1減りますが、100%まで回復してくれます。

ですが、状況次第なのでご自身のプレイスタイルに沿った方でいいと思います。

 

スニーカーのリペア回数も耐久も0になったら?

修理もできない、耐久もない状態のスニーカーからは履き替えてしまいましょう。

気に入っているスニーカーならばそのまま取っておいても良いです。

特に取っておく必要がなければ、リサイクルしましょう。

スニーカー選択画面でリサイクルアイコンにドラッグアンドドロップです。

ちなみに、スニーカーを選ぶ時の基準ってありますか?

意外に天気によってスニーカーを選ぶの大事なんですよね。

 

まとめ

今回はAgletのスニーカーをリペアするタイミングはいつなのか、回数の違いや0になった時の対処法についてお伝えしました。

いつスニーカーをリペアすればいいか迷っていた人は、なるべく使った状態でリペアしてくださいね。

スニーカーによってリペアの回数が決まっているので、確認しましょう。

その回数が0になった時の対処法としては、売るかリサイクルです。

Agletを楽しむためにもリペアについてはよく知っておきましょうね。

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です