【キンプリ】ライブ2021倍率は?チケット当選結果の口コミも紹介!

Pocket

キンプリライブ2021倍率についてがつい紹介します。

FCチケットの当落が、残念ながらファンの明暗を分けてしまいました。

本当は、ティアラ全員行けたら嬉しいんですけどね。

もちろん、この後ライブの倍率やチケットの当選結果の口コミもご紹介させていただくんですが…。

始めに結論から言います。

今年はキンプリライブ2021の倍率が、かなりヤバいぐらいに倍率が上がっています。

おそらく10倍近く、または10倍を超えそうな勢いです。

その理由として一番大きいのが、公演日数の減少、観客収容人数の制限、FC会員の増加があります。

つまり、人の流入が多い以上に圧倒的にチケットの数が少ないので、今年はいつも以上にチケットの競争率が激化する事が想定されます。

でも、チケットの申し込みが当たらなかったとしても、そこで諦めるわけにはいきません。

ずっと我慢していた人も、今年に掛ける期待も多きいはずです。

毎年ツアーは開催されるかもしれませんが、2021年のツアーはこの時だけなんです。

そこで、絶対欲しいチケットの獲得率を少しでも上げる方法をご紹介します。

それが、チケット取引アプリチケジャムなんです。

私の周りでも、予防線としてチケジャムをインストールしている人たくさんいます。

何故なら、本人の都合で売りに出てくる可能性があるからなんです。

  • 急に仕事が入ってしまった
  • 体調不良で行けなくなった
  • 友達の都合が合わなくなり一緒に行く人を探している

このようなケースは、毎年必ず存在します。

しかも倍率が高いチケットほど求めてる人も多く、出品から即決で無くなる事も多々あります。

ただし、自分で欲しいチケットをリクエストできるのも便利なんです。

また運営が間に入り、個人間の取引はありません。

詐欺などの犯罪行為や危ない目に遭う事も無く、安心安全にチケットが手に入ります。

実際に、2019年も2020年もキンプリツアーチケットがここで出品されてました。

ですが、自己都合で出品されるため、いつチケットが出てくるかわからないんです。

つまり、出品されてからチケジャムを入れても間に合わないんですよね。

しかも、抽選ではなく完全に早い者勝ちです。

出品したタイミングを見逃さない為にも、今すぐチケジャムをインストールする事をお勧めします。

\出品アラート機能で取り逃し防止!/

インストール20秒ですぐ完了!

【キンプリ】ライブ2021の倍率は?

まずは気になるのが、今現在の状況でコンサートをする場合の制限です。

これは、昨年に続き収容人数の縮小が余儀なくされています。

それが以下の内容となっているので、まずはこれを守った状況で開催されると思います。

  • 屋内/屋外でのイベント上限人数:5000人
  • 屋内は収容率50%以内
  • 屋外は2mぐらいの十分な間隔

この昨年と、同じ状況下の中での開催となります。

それを考えると、去年に比べ公演日数も減っているため非常に高い倍率が予想されますね。

 

コンサート会場の収容人数

開催される5か所のライブ会場収容人数を50%に制限した状態となります。

なかなか、グッと人数も減りますね。

  • 【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ 7,063人→3,531人
  • 【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 10,024人→5,012人
  • 【大阪】大阪城ホール 16,000人→8,000人
  • 【神奈川】横浜アリーナ 17,000人→8,500人
  • 【愛知】日本碍子スポーツプラザ ガイシホール 10,000人→5,000人

中にはそれでも、収容人数が5000人を超えてしまうコンサート会場もあります。

これを5000人の制限に変えるとさらに人数も減る為、当選確率もガクッと下がりますね。

  • 【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ 7,063人→3,531人
  • 【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 10,024人→5,000
  • 【大阪】大阪城ホール 16,000人→5,000
  • 【神奈川】横浜アリーナ 17,000人→5,000
  • 【愛知】日本碍子スポーツプラザ ガイシホール 10,000人→5,000人

今回は5か所の全28公演となります。

延べ、収容人数とするとおおよそ134,000人になりますね。

 

FC会員数からの通常収容人数の倍率は?

FC会員数は、2021年6月現在で約703,000人となっています。

通常収容人数の場合とします。

今回は、71万人を想定して計算しています。

710,000(FC会員数):367,000(5公演全日数の収容人数)=1.93

つまり、約2.0倍となります。

普通でもすでに2.0倍となっていますね。

ただ、現状を考えるとこの人数でこのままは考えにくいですね。

 

FC会員数からの収容人数50%+5000人上限の倍率は?

FC会員数は、2021年6月現在で703,000人となっています。

これに先ほどの、コンサートの収容人数50%で比例させます。

660,000(FC会員数):134,000(9公演全日数の収容人数)=5,29

つまり、5,3倍となります。

ここから、倍率は5.0倍越えとなってきます。

この場合は、収容人数50%を適用した場合のみとなっています。

これに、一般チケット販売にFC会員で抽選漏れした人を併せていくと、もはや考えたくない数値になってきます。

下手したら、10倍超えも考えられますよね。

チケットを獲得した全員が、必ず行けるとは限りません。

チケットは必ず漏れてきますので、チケジャムはかなりおすすめです。

\出品アラート機能で取り逃し防止!/

インストール20秒ですぐ完了!

2021年の当選結果の口コミも紹介!

当たった人も、当たらなかった人も、みんな目標は同じなんですけとね。

命運が別れてしまうのが辛いところですね。

https://twitter.com/kp20722/status/1408262248372469760?s=19

\出品アラート機能で取り逃し防止!/

インストール20秒ですぐ完了!

まとめ

【キンプリ】ライブ2021の倍率は?チケット当選結果の口コミも紹介!をお届けしました。

やはり、ライブのコンサートツアー倍率は凄いですね。

しかも、正式には発表されていませんが、昨年には無かった一般料金まで載っていました。

つまり、FCと一般を併せる可能性もありますよね。

そう考えると、本当に確率がヤバい気がします。

ただ、中には心配する事も多いのでそこは今後どうなるかわかりませんね。

みんな、行きたい気持ちもあるし複雑なところも多いようです。

もし、行く事になったら感染対策だけは万全にしていきましょう。

当選結果の口コミは、2020年のものになっています。

新しい当選結果が出たら更新いたします。

それでは【キンプリ】ライブ2021の倍率は?チケット当選結果の口コミも紹介!を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です