PS4コントローラーの白点滅が終わらない原因は?繋がらない時の対処法ある?

Pocket

PS4のコントローラーはライトの光の色で様々な状態を判断することができます。

今回は、PS4のコントローラーが白点滅する症状についての原因をご紹介します。

また、PS4コントローラーの白点滅で繋がらない時の対処法も併せてご確認ください。

ちなみにPS4コントローラーが白点滅するのは、操作できず本体と繋がらない状態で起こるようです。

それでは、PS4コントローラーの白点滅が終わらない原因は?繋がらない時の対処法ある?をご覧下さい。

 

PS4コントローラーの白点滅が終わらない原因は?

こちらでは,、PS4コントローラーの白点滅が終わらない原因を項目ごとにしています。

一つずつご紹介致しますので、あてはまるものがないか確認してみて下さい。

 

PS4本体のUSBの差込口が壊れている

PS4本体にはコントローラーを充電、接続するためにUSBの差込口があります。

こちらが壊れていれば、PS4コントローラーの充電もできません。

当然ですが、充電のためにオレンジ色に光らずに白点滅する事があり得ます。

 

PS4コントローラーが認識されていない

ペアリングが不可能になっていると、接続先を見失うため、PS4コントローラーを認識していない可能性があります。

本体とPS4コントローラーの接続を確認した方がいいかもしれません。

もしかしたら、うまくペアリングできていない可能性があります。

 

PS4コントローラーのコードが壊れている

PS4コントローラーのUSBコードが壊れていたり、断線していると使用することができません。

USBコードは消耗品ですので、劣化している恐れがあります。

その場合は、修理に出すのか、買い替えるのか判断する必要があるかもしれません。

 

PS4コントローラーのPSボタンが反応しない

PS4コントローラーのPSボタンが反応しないのは、PS4コントローラー自体の不具合が考えられます。

この場合はホーム画面に戻ることができず、電源を付けることも落とすこともできなくなります。

他に使えるPS4コントローラーがあればそちらで対応するしかありませんね。

PS4のコントローラーもコードと同じで経年劣化しているかもしれません。

 

PS4コントローラーが白点滅で繋がらない時の対処法ある?

コントローラーの白点滅の状態になると故障かもしれないと不安になることがあるかもしれませんよね。

修理に出す前に自分たちにもできる対処法がありますので、ご紹介いたします。

 

PS4の別のコントローラーで繋がるか確認してみる

複数のPS4コントローラーを所持していれば可能な方法です。

別のPS4コントローラーで改善することができれば、白点滅が起こったPS4コントローラーに問題があることがわかります。

逆に別のPS4コントローラーでも改善されない場合は、PS4本体に問題があるかもしれません。

 

PS4コントローラーのリセットをしてみる

PS4コントローラーをリセットすることで、接続しなおすという方法ですね。

リセットボタンはPS4コントローラーの裏側にあります。

小さなボタンですので、ドライバーやつまようじなどの細いものが必要になります。

 

PS4本体の再起動をしてみる

本体の再起動をすることで、改善されることがあるようです。

単純に再起動するのではなく、一度電源を落とし、数分間待ってからもう一度電源を入れてみてください。

 

PS4コントローラーのUSB差込口を変える

上記の通り、USBコードは消耗品のため、劣化している場合もありますので、買い替えれば改善するかもしれません。

給電力が少ないコードを使用したり、データの送受信を行えないコードを使用すると改善されない場合があります。

そのため、PS4公式のライセンスを取得している商品を使うことをおすすめします。

 

PS4コントローラーを無線から有線接続にしてみる

PS4コントローラーは本体とBluetooth接続をしているため、コードがなくても操作可能です。

しかし、そのBluetooth接続に問題があるかもしれません。

USBコードを使用して、有線接続にすれば操作が改善される可能性があります。

 

PS4本体のシステムソフトウェアを更新してみる

PS4には定期的にシステムソフトウェアのアップデートがあります。

私もよくやってしまうのですが、更新せずにゲームをプレイしてしまうことがあります。

最新のシステムソフトウェアにすることで、改善される可能性もありますので、定期的に更新が必要です。

 

PSVitaでリモート接続してみる

「PSVita」を所持していれば可能な対処法です。

リモートプレイで接続することで、PS4コントローラー接続を行うという方法です。

手順は以下の通りになります。

  1. PSVitaのリモートプレイに接続
  2. PS4ホーム画面「設定」を選択
  3. 「周辺機器」を選択
  4. 「Bluetooth接続」を選択
  5. 「DUALSHOCK4」を削除する

コントローラー情報をリセットすることで、改善されるかもしれません。

この状態で、コントローラーと本体をUSBコードで接続し、PSボタンを押せば接続できる場合もあるようです。

 

PS4をセーフモードで起動する

PS4コントローラーではなく、本体に不具合があるかもしれません。

その際は非常電源の役割がある「セーフモード」での起動でも改善の可能性があります。

手順は以下の通りです。

  1. PS4本体の電源ボタンを7秒ほど長押しする
  2. 1回目の「ピッ」の音が鳴っても押し続け、2回目の「ピッ」の音が鳴ったらボタンから指を外す
  3. 「「DUALSOCK4」をUSBケーブルに接続して、PSボタンを押してください」と画面に表示される
  4. コントローラーと本体を有線接続する

こちらで接続できれば完了です。

セーフモードでの注意点ですが、誤って初期化の項目を押さないよう注意してください。

間違って押してしまうと、セーブデータなどの情報が全て失われる場合があります。

再起動後はバージョンをアップデートしましょう。

 

PS4コントローラーがどうしても直らない場合は修理か買い替えを検討

以上の方法でも改善が認められない場合は、PS4コントローラーの修理か買い替えが必要になってくると思います。

費用は症状によるかもしれませんが、修理するよりも買い替えの方が安いなんてこともあるようです。

最悪の場合は、修理センターに電話してみましょう。

 

まとめ

PS4のコントローラーの白点滅の原因と対処法についてご紹介いたしました。

白点滅が終わらないと、本当に焦ってしまうことがあるかもしれませんので、そんな時こそ冷静に対処しましょう。

常日頃と本体とPS4コントローラーが繋がらない状態を予防するのも大事ですね。

USBコードの差込口を掃除したり、起動して動作確認をするなど自分でも確認できることがあるかもしれません。

対処法については様々なものがありましたが、それでも改善されないことがあるかもしれません。

その場合は、買い替えかサポートセンターに電話するのがいいかもしれませんね。

それでは、PS4コントローラーの白点滅が終わらない原因は?繋がらない時の対処法ある?を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です