ポケカのSRとHRはどっちが上で違いは?レア度の順番や意味は?

Pocket

ゲームで大人気のポケモンのカードゲームであるポケカ。

ポケモンのカードゲーム、ポケカも通常のゲームのようにレア度が存在します。

この記事では、ポケカのSRとHRではレア度がどっちが上なのか、その違いやレア度の順番についてお伝えします。

ポケカにあるレア度ですが、SRとHRではどっちが上なのでしょうか。

また、それぞれのレア度での違いは何なのでしょう。

他のレア度もたくさんありますよね。

上から順番に言うことはできるでしょうか?

他のレア度についても確認していきましょうね。

それでは、ポケカのSRとHRはどっちが上で違いは?レア度の順番や意味は?をご覧下さい。

NFTには仮想通貨の口座が必須ですが、すでに口座開設は済んでいますか?

入手したコインを仮想通貨に交換したいと思っても、口座開設に数日かかる場合もありすぐに替えられない可能性があります。

そこでオススメなのが、スマホだけで最短1日で口座開設できるコインチェックなんです。

無駄な時間をかける事が無く、隙間時間を使って簡単3STEPで登録できてしまいます。

しかも仮想通貨の銘柄が17種類と豊富で、NFT関係はコインチェックがあれば他の仮想通貨口座を開設する必要がないぐらいです。

さらに今なら、無料口座開設と少額の入金で2500円分のビットコインも貰えるキャンペーンを実施中です。

ですがこのキャンペーンが6月30日までと期限が決まっており、次にいつキャンペーンが再開されるかわかりません

この期間をお見逃しなく、気になる人は口座開設してみてはいかがでしょうか。

\DL数No.1で安全安心の取引き!/

コインチェック

≫コインチェックで無料口座開設≪

ポケカのSRとHRはどっちが上で違いは?

では早速、SRとHRの違いについて見ていきましょう。

SRとHRの違いをそれぞれの特徴を踏まえてご説明していきます。

 

SRとHRでレア度が高いのは?

SRとHRでレア度が高いとされているのは、HRの方です。

HRはGXポケモン最高レア度とされています。

SRはその下ですね。

ハイクラスパックなどでのみ収録されるカードも含めると、さらに上位のものもあります。

トレーナーズカードとなると、またレア度の構成が変わりますが、HRの方がレア度は高いと覚えておきましょう。

 

SRとHRで価値があるのは?

レア度としてはHRの方が高いのですが、「価値」という面で見ればどうでしょう。

カードショップなどでの取り扱い価格には、レア度によって差があります。

価格については以下で説明します。

 

SRとHRのイラストの違いは?

SRとHRでイラスト自体に違いはありません。

しかし、HRの方は全体的に虹色になっています。

SRの方がオリジナルの配色ということになりますね。

 

SRとHRで高値で買取されているのはどっち?

上記でも触れましたが、レア度によって買取価格には差が出ます。

より高値で買取されているのは、SRの方です。

HRは虹色になり、もとのキャラクターなどの配色とは異なります。

もちろん、虹色なのも魅力的ではありますが、よりオリジナル配色の方が好まれています。

そのため、SRの方が買取価格は高くなる傾向にあるようです。

レア度はHRの方が高いのに、ちょっと不思議ですね。

ポケカのレア度の順番や意味は?

では次に、レア度の順番や意味について見ていきましょう。

ポケカに存在するレア度を一つ一つご紹介していきます。

 

ポケカのレア度の順番は?

ポケカの通常レアリティの順番は、以下の通りです。

  • UR(ウルトラレア)
  • HR(ハイパーレア)
  • SR(スーパーレア)
  • RRR(トリプルレア)
  • RR(ダブルレア)
  • R(レア)
  • UC(アンコモン)
  • C(コモン)

となっています。

それぞれ見ていきましょう。

 

ポケカUR(ウルトラレア)

URは黄金に光り輝くレリーフ仕様のレアカードです。

封入率は12ボックスに1枚と低く、非常にレアです。

 

ポケカHR(ハイパーレア)

虹色に光るレアカードです。

封入率は5ボックスに1枚ほど。

上記でも触れたように、HRよりもSRの方が買取価格が高めな傾向にあります。

しかし、「ブラッキーVMAX」などは高い人気を誇るHRカードとなっています。

 

ポケカSR(スーパーレア)

高級感のある見た目のSR。

封入率は1ボックスに1枚ぐらいとのこと。

同じパックに入っているレア違いのカードでも、能力は同様となっているようです。

 

ポケカRRR(トリプルレア)

RRRは封入率が1ボックスに2枚。

ソード&シールドから追加された新しいレアリティカードになります。

RRより光り方が豪華に。

 

ポケカRR(ダブルレア)

RRはフルイラストで描かれたレアリティのカードです。

封入率は1ボックスに4枚。

RRRの出現までは、フルイラストという点もあり高評価でした。

 

ポケカR(レア)

封入率は1ボックスに8枚。

枠とイラスト背景が銀色に光っており、CやUCとの違いとなっています。

 

ポケカUC(アンコモン)

パックを開封すれば必ず入っているといっていいいカード。

封入率は1パックに1~2枚。

もちろん、対戦でも使えるカードが多数。

 

ポケカC(コモン)

UCよりもレアリティが低くいです。1ボックスを開封した時に一番多く封入されているカードです。

封入率は1パックに3枚。

レア度通り、あまり強くないカードが多いようですね。

 

ポケカ一般的に使われないレア度は?

あまり強くないカードが多いということで、Cのレア度のカードはあまり使われないようです。

やはり、やるからには勝ちたいですからね。

強いカードを選びたくなります。

まとめ

今回は、ポケカのレア度SRとHRではどっちが上なのか、その違いや順番についてお伝えしました。

たくさんのレア度があって、覚えるのも一苦労ですよね。

ただし、豪華になればなるほどレア度が高いという感覚でいれば、覚えられそうです。

SRとHRはレア度こそHRの方が高いものの、買取価格はSRの方が高くなる傾向に。

どっちが上?という疑問も「レア度」なのか「買取価格」なのかで変わるのは面白いです。

それぞれの順番での違いもありましたので、これを機にご自分のカードを見直してみてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です