NFTゲームつまらない面白い?始め方やリスクはある?

Pocket

NFTゲーム聴いたことありますよね。

でも実際にどんなゲームなのか、つまらないのか、面白いのか、リスクはないのか気になる事多いですよね。

この記事では、NFTゲームはどういったものなのか、何ができるのか、どうやったら始められるのかなど詳しく説明していきます。

NFTゲーム始めてみたいけど、不安がいっぱいという人へ少しでも参考になれば幸いです。

また、本文でもお伝えしますがNFTゲームでの収益を目的としている方も結構いますよね。

むしろ、そちらをメインと考えている人も多いと思います。

NFTゲームの売買には、仮想塚を使います。

ちなみに、国内で圧倒的に利用者が多いのでコインチェックです。

もちろん、コインチェックでもNFTの取り扱いをしています。

まずは、コインチェックのアカウントや香西あk説を事前準備とした方がいいですね。

それでは、NFTゲームつまらない面白い?始め方やリスクはある?をご覧下さい。

 

NFTゲームつまらない面白い?

NFTゲームはつまらないのか面白いのか、どのような仕組みなのか見ていきましょう。

どのようなものか詳しくご紹介していきます。

 

NFTゲームはプレイする事で利益を得る事が出来る

NFTゲームの面白さは、まだまだ素直に面白いと呼べるものが少ないです。

ただそれはあくまでゲームとしての話です。

NFTゲームの面白さは、ゲームをプレイして利益を生み出せてしまうところです。

ここ最大の魅力の1つと言っても過言ではありません。

多分、多くの方がこの言葉に非常に魅力を感じているところだと思います。

そして、それと同時にどういう事なんだと疑問がわいていると思います。

NFTゲームの中には、収益を生み出す発生させる事ができるゲームが数多くあるんです。

NFTゲームでは、キャラクターやアイテムを売買することができ、収益を得ることができる可能性があるのです。

 

NFTゲームではアイテムが財産になる

これまでのゲームでは、ゲーム内でレアアイテムをゲットしても、他のプレーヤーと交換などはできませんでした。

しかし、NFTゲームでは、アイテムなどを「NFTマーケット」で出品から売買する事で利益を生み出せるのです。

また、売買取引には仮想通貨を利用します。

例えばAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)と呼ばれるゲームがあります。

そのゲームで使用される土地に高値が付き、150万ドル(約1.6億円)で売買された記憶が新しいですね。

このように、NFTゲームではゲーム内のアイテムで莫大な利益を生み府出す事が可能なんです。

アイテムが自分の財産になると考えると夢がありますね。

ゲームをやっても資産が増えると考えれば、つまらないよりむしろ面白いですよね。

 

NFTゲームの不正対策は?

一般的によくあるゲームでは、プレイヤーがデータを改ざんする行為が行われることがあります。

キャラクターを強化したりする、いわゆる「チート」ですね。

ゲームの運営側もチート対策はしています。

ですがが、対策後に新たにチートが生まれるなどイタチごっこのような状態です。

ですが、NFTゲームでは不正はすぐに検知され、るようになっています。

ブロックチェーン上での稼働となっています。

つまりそれだけで不正されにくい環境となっており、純粋にゲームを楽しむ事ができるようになっています。

布施にアクセスや改ざんされると、つまらなくなりますが安心して遊べるのは面白いですよね。

 

NFTゲーム自分だけのアイテムが作れる

NFTゲームのアイテムやキャラクターは、代替が不可能な唯一無二のデータ(NFT)となっています。

オリジナルのアイテムやキャラクターを作りだす事が出来ます。

また、アイテムやキャラクターそのものの価値が高くなることで高値で売却するといった収益をもたらす事が出来ます。

アイテムやキャラクターが資産になるというのが、なんとも夢のある話ですよね。

従来のアプリやゲームは買ったりしてやめたらそれまででした。

それがなくならず一生残るのは、収集する方も面白いですしつまらないとはならないですよね。

 

どんなNFTゲームはある?

ここからは、NFTゲームの様々なジャンルを紹介します。

気になるNFTゲームは是非チェックしてください。

 

Crypto Spells

こちらは対戦型トレーディングカードゲームです。

名前の読み方はCrypto Spells(クリプト・スペルズ)。

集めたカードでデッキを組んで、対戦をしていきます。

対プレイヤーだったり、対コンピューターと対戦出来ます。

ゲームスタート時には、スターターデッキとして30枚無料でもらえます。

ですので、無料から始める事が出来てカードを買う事が無いのも魅力の一つですね。

1試合にかかる時間は早いと3分ほど。

長くても6分ほどで終わるので、気軽にサクサクと遊べます。

NFT要素としては、ゲーム内で手に入るカードがまさにソレとなっています。

その手に入れたカードを売買する事が出来ます。

そしてもう一つの魅力が、カード発行権です。

こちらは、オリジナルのカードを発行することができてしまうんです。

ちなみにPC版はもちろん、iOS版とAndroid版とスマホでも簡単に起動できるのは嬉しいポイントですね。

また、こちらは日本の企業が運営しているので安心してプレイできますね。

 

Sorare

Sorare(ソラーレ)は、サッカー好きなら欠かせないゲームですね。

サッカーのスコアを競うゲームですが、現実とゲームが連動しています。

つまり、スコアは実際に行われた試合の戦績が反映されるようになっているんです。

プレイヤーは、クラブチームに所属する選手のカードを集めてチームをつくり、他のプレイヤーとスコアを競います。

スコアは、実際の試合におけるゴールやファウルなどをもとに算出されます。

最終シーズンまで試合ごとにスコアを算出します。

そのスコアの上位者には、レアカードや賞金が手に入ります。

また、欧州だけでなく日本のJリーグともライセンス契約があるのでなじみやすいゲームとなります。

 

The Sandbox

The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは、仮想空間上にLAND(土地)を購入したりできるオープンワールドゲームです。

イメージでいうとマインクラフトのようなゲームと思えば想像しやすいと思います。

つまり、その土地に建物を建てたりいろいろできます。

また自分自身のオリジナルのゲームも作成出来たり、自由度が高いです。

もちろんオリジナルのキャラクターを作成も可能。

それをThe Sandbox(ザ・サンドボックス)内で売買したり楽しみ方が色々あります。

 

NFTゲームの始め方やリスクはある?

次に、NFTゲームの始め方についてご紹介します。

またNFTゲームにリスクがあるのかどうかもご説明します。

 

NFTゲームの始め方は?

ブラウザやスマホのゲームと始め方は変わりはありません。

ダウンロードして、アカウントを作ればプレイすることができます。

ですが、NFTでの売買を目的とするならばもう一つ行わなければいけない事があります。

NFT売買のプラットフォームにアカウントなどが必要になります。

 

NFT収益化に必要なプラットフォーム

NFT売買のプラットフォームとしておすすめなのが、「Coincheck NFT(β版)」です。

国内では初めてとなる取引所のプラットフォームです。

先ほどご紹介した、Crypto Spells(クリプト・スペルズ)、Sorare(ソラーレ)、The Sandbox(ザ・サンドボックス)もこちらで取引ができます。

つまり、NFTでの売買を行うのは仮想通貨が必要となります。

なので日本語対応しているCoincheck NFT(β版)が一番利用するのが便利なんです。

基本的にアカウントの登録と口座開設は誰でもできます。

20歳以上の日本居住者であれば可能ですね。

 

NFTでの売買の方法は?

NFTプラットフォームに、NFTで手に入れたアイテムを入庫させます。

入庫させたら次はNFTで手に入れたアイテムを出品です。

出品の際は「受け取る通貨」と「出品金額」を指定できます。

購入者は「受け取る通貨」で指定した仮想通貨でしか、アイテムを購入することはできません。

そのため、メジャーな仮想通貨を設定しておくと良いでしょう。

出品していたアイテムが売却されたら、その売却された金額分の仮想通貨が収益となります。

その通貨を日本円に変えて、換金しましょう。

 

NFTゲームのリスクはある?

NFTゲームは、単純にゲームとして考えるとクオリティ自体は決して高いとは言えません。

ですので、「すごく面白いゲームがお金を稼ぎながらできる」とは捉えない方が良いでしょう。

「かけた金額にクオリティが見合わない」などと感じることのないよう注意してください。

またNFTゲームは、まだまだ改善用途が多いです。

所有権や著作権などの権利、NFTゲームの利用規約などは必ず読んで頭に入れておいた方がいいですね。

 

NFTゲームはやらない方がいい?

では、NFTゲームはやらない方がいいのか?というところですが個人的な意見では、NOですね。

一見聞くと敬遠してしまいがちですが、ゲームをやって稼げる可能性があるのはワクワクしますよね。

いままで、アプリゲームで課金したアイテムもそのサービスが終了したら無くなってしまいました。

NFTゲームではそれが無く、むしろ自分の資産になると考えればプレイしてみる価値はありそうですね。

e-sportsのようにとりわけプレイが上手くなければいけないわけでもありません。

普通にプレイしているだけで、稼げる可能性が十分にあります。

気になるNFTゲームがあればプレイしてみてはいかがでしょうか?

その前に、Coincheck NFT(β版)の開設は必ず行ってくださいね。

これが無いと利益を生み出す事が出来ませんのでお気を付けください。

 

まとめ

今回は、NFTゲームつまらない面白い?始め方やリスクはある?についてお届けしました。

NFTゲームは、夢のあるゲームでありこれからますます認知度も上がりメディアにも多く取り上げられていきそうです。

ただ、ゲーム自体はそこまで高度のものではないのでつまらないと思う部分もあるかもしれません。

ですが、ゲーム内で得たアイテムやキャラクターが残り資産に代わるのは非常に面白いですよね。

やっていても無駄にならないゲームと考えれば是非ともプレイしたくなりますよね。

NFTゲームの参入はこれからもっと広がりを見せます。

今のうちからNFTゲームに触れておくのもいいかもしれませんね。

それでは、NFTゲーム面白い?始め方やリスクはある?を最後までご覧いただきありがとyございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です