NFTアートが売れない?原因や売るコツは?

Pocket

NFTアートが売れない?これから始めようとしている人もすでに始めている人も気になるところですよね。

NFTアートは一度売れると、高値で売れる事も多いのでやるからには売りたいと思いますよね。

そこで今回は、NFTアートが売れない?原因や売るコツを調べてみました。

自分の描いたNFTアート作品を多くの人に見てもらい、手にしてほしいですよね。

それでは、NFTアートが売れない原因や売るコツをご覧下さい。

 

NFTアートが売れない?原因は?

せっかくイラストを描いて、出品してもなかなか売れないことがあるそうです。

売れない原因があるかもしれませんので、自分の作品や売れる方法などを見直すきっかけになればいいと思います。

 

NFTアートが売れない遠因は作品に魅力がない

売れている作品には作成者のアイデアや発想力も評価の一つになりますし、売れているNFTアートにトレンドがあります。

流行にあっていないものは売れない可能性がありますので、常にどのようなものが売れているのか確認する必要があるかもしれません。

 

NFTアートが売れない原因は購入前や購入後の付加価値がない

自分のコレクションを出品すると際に、購入すれば何かプレゼントがもらえるなどの付加価値を付けないと売れない可能性もあります。

例えば、「パーカーをもらえる」「NFTを利用する方が参加できるパーティへの参加」など自分のオリジナルの付加価値があるようです。

 

NFTアートが売れない原因は買い手よりも売り手が多く飽和状態

NETアートを売っている方が多く、購入しようとしている方が極端に少ないということです。

自分の作品が悪いわけではなく、基本的にNFTアートは売れない傾向にあるようです。

 

NFTアートが売れない原因は売買にSNSをうまく利用していない

自分の作品を知ってもらわなければ売れることはないですよね。

ブログやツイッターやYouTubeなどのSNSを使用し、宣伝しなければ自分の作品を知ってもらうことができません。

 

NFTアートが売れない原因は認知度が低い

話題と言っても、とあるNFTの取引をしているサイトでは、月間での全世界での利用人数が47万人ほどとまだまだ少ないようです。

近年話題になっているとはいえ、まだまだ馴染みがない状態なので、売れない原因の一つかもしれません。

 

NFTアートが売れない原因は作品のアピールが足りない

先ほど記載したように売るためには自分の作品を宣伝しなければなりません。

自分の作品の魅力や創作過程などを伝え、どれほどのアイデアが詰め込まれているのか購入者の方に理解していただく必要がありますね。

 

NFTアートが売れない原因は価格設定が良くない

最初から価格が高いと購入者は気軽に買うことはできない可能性があります。

いきなり高い商品というのはなかなか手が出せずにいる経験があると思いますので、まずは価格を見直す必要があるかもしれません。

 

NFTアートを売るコツは?

上記のNFTアートが売れない原因を元に、どのようにしたらNFTアートを売ることができるのでしょうか。

簡単ではありますが、ご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

 

NFTアートを売るコツは価格設定を見直す

気軽に購入者が買うことができるように、最初は価格を400円から4,000円など低く設定した方がいいかもしれません。

自分の作品が売れるようになったら、徐々に価格を上げてみてはいかがでしょうか。

手数料とうもありますので、注意が必要です。

まずは、価格の設定を見直すことが重要ですね。

 

NFTアートを売るコツはわかりやすい作品にする

あまり複雑なものにすると購入者の目にはとまりにくいと思います。

一目で分かるようなものであれば、注目されることもあるかもしれません。

最近ではSNS等のアイコンにできる商品が好かれる傾向にあるようですので、シンプルなものの方がいいかもしれませんね。

 

NFTアートを売るコツは露出頻度を上げる

積極的にSNS等で宣伝することを遠慮する傾向にあるようですので、ツイッター等での宣伝は必要かと思います。

ツイッターやインスタグラムなどはいろんな人が見るものですので、宣伝することで作品に近づいてくるかもしれません。

 

NFTアートを売るコツは今話題にあるものを取り入れる

NFTアートにもトレンドがありますので、そのトレンドにあった作品を出品すると売れる可能性が高まりますね。

最近では以下のようなものがトレンドになっています。

  • ドット絵
  • 可愛い女の子
  • SNSのアイコンにしやすいもの

一度作品を見直してみて、トレンドにあったものを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

トレンドは変わるかもしれませんので、どのようなものが売れているのか確認する必要がありそうです。

 

NFTアートを売るコツは作品の画風は同じにした方がいい

作品のテーマは常に統一した方が売れる可能性があると思います。

1つの商品が売れた時、その作品を購入できなかった方たちは他の関連した商品を見て回ることになります。

同じ絵師さんのイラストなどは全部見てしまうという経験は私にもありますので、きっと購入してくれる方がいるかもしれません。

 

NFTアートを売るコツはSNSを最大限利用する

どんな商品でも、チラシやテレビCMなどで宣伝しますよね。

私たちが身近に自分を発信できるのはSNS等がありますので、宣伝のためにブログを開設したり、ツイッターを始めてみてください。

しかし、ただ宣伝するだけではなく、作成者の創作過程や苦労話などを記載すると応援者が増えます。

そうなれば、自分作品にたどり着くきっかけになるかもしれません。

 

NFTアートを売るコツはNFT関連のツイッターをフォローやリプをする

同じNFTアートを出品している方もツイッターなどのSNSを行っている可能性が高いです。

気に入ったツイッターをフォローしたり、リプすることでたくさんの方と情報共有することができます。

また自分のフォロワーを増やすことにも繋がります。

遠慮せずにどんどん発信していくのはいいですが、迷惑にならないよう注意しましょう。

地道なことからコツコツと積み上げていく必要がありますが、自分の作品に近づいてくれるきっかけになります。

 

まとめ

NFTアートの売れない原因と売れるコツをご紹介いたしました。

そもそもNFTアートという存在が馴染みのないものではないため、売るのは相当困難なものだと思います。

しかし、ツイッターなどのSNS等を活用することで、自身のコミュニティが広がりますし、情報共有にもなります。

自身の作品について見直してみたり、トレンドをうまく盛り込むことができれば、きっと購入者の目にもとまりやすくなります。

当然、多くの人の目にNFTアートが留まれば売れる可能性もありますよね。

NFTアートの出品が終了しましたら、まずはツイッターなどのアカウントから作成してみましょう。

それでは、NFTアートが売れない?原因や売るコツは?を最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です