呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめ

こちらでは2020年3月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめをご紹介致します。

前回の97話では、ついに呪詛師粟坂を倒すことが出来た二人と猪野がヤバいという感じの話となりました。

軽く前回のおさらいからいきます。

  • 猪野が禪院甚爾となった呪詛師オガミ婆の孫と対峙
  • その姿見だけで強さを見抜く猪野
  • 先制攻撃の瞬間間合いを詰められ帽子を奪われる猪野
  • 一瞬のスキを突かれ顔面殴打
  • そのまま襟元をつかまれ殴打の連発される猪野
  • 式神脱兎を使ってその場を一旦退く虎杖と伏黒
  • 伏黒が呪詛師粟坂の術式に気付く
  • 術式はあべこべで強い物は弱く弱いものは強くなる能力
  • 全力攻撃からの反撃を得意とする粟坂
  • 虎杖と伏黒が全力で攻撃とみせかけ式神ガマで攻撃しダメージを食らう粟坂
  • 思わぬ攻撃に半狂乱の粟坂は我を見失う
  • 虎杖の全力攻撃と見せかけたフェイントをまともに食らいダウン

二人で完勝!!の次号へ。

では呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめをご覧ください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!

二人で完勝するも猪野の安否がだいぶ不安な97話でした。

呪詛師粟坂は倒せましたが、猪野がヤバ過ぎて大丈夫か!?って感じです。

早く合流しないとヤバそうですよね、

来週は一体どうなるんでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ最新98話の考察と感想ご紹介していきます。

 

猪野の安否は大丈夫なのか?

今最も気になるところがここですよね。

とにかくヤバいです。

何がヤバいかって、圧倒的な暴力にも近い力で圧倒されてしまった猪野の安否がどうなったか。

最初の一発目で意識が飛んでいるようにも見えるんですが・・・。

ここからの反撃がどうなるのか。

それともこのまま終わってしまうのか。

突然忘れたころにキャラを出してきて噛ませで終わったらさすがに悲しいです。

七海にいいところ魅せるまでは頑張ってほしいです。

 

禪院甚爾の強さは本物?

猪野が最初に言った一言ですべてが見て取れますよね。

『立ち姿だけでわかる・・・』

『クソ強ェ!!』

と言ってたので強さは本物なんだと思います。

そうなったら3人束になっても勝てるんですかね?

昔の五条悟としても一度敗北まで追い込んでますからね。

ただ、この強さが限定的な物なのか何かしらのデメリットがあるはずです。

ずっとこのままでこの強さだったら五条以外勝てない気がします。

 

禪院甚爾の憑依は一時的な物になる?

オガミ婆の降霊術と何らかの薬の効果によって禪院甚爾の姿に変わった孫。

オガミ婆の降霊時間の制限は無制限なんでしょうか?

孫が飲んでいたものの効力はいつまで続くのでしょうか?

おそらくは一時的かもしくは強すぎる力で肉体が持たないか暴走するかしてしまうのではないでしょうか。

長時間の戦闘向きでないからこそ、最凶の禪院甚爾を呼び出して早期決着を狙っているんじゃないでしょうかね。

ドーピングのような物にも感じますね。

効力が切れた時の身体に対する負荷は計り知れない感じがします。

 

伏黒と禪院甚爾

たしかに伏黒が禪院甚爾を見た時の反応が気になります。

激高して我を見失わなければいいですけどね。

ただ、本物の父親でない事は見ればわかるんじゃないですかね。

やはり息子ですし。

それに、逆に父親の魂を弄んでいるオガミ婆と孫に対して怒り心頭になる気もしますね。

 

虎杖と伏黒は屋上へ向かう?

二人で撃破はしましたのでこのまま猪野の救援に向かう可能性もあります。

帳の解除は優先ではありますが、仲間を助ける事も大事だと思うので駆けつけるはずです。

ただ、今の猪野の現状もあるので行った時にどうなってるか想像するとぞっとしますね。

おそらく、猪野がやられそうなところで屋上到着って感じになるんですかね。

到着して間に合わなかったは、悲しすぎます。

 

これで帳の解除が出来きる?

呪詛師粟坂が帳の釘を2本懐に入れていたはずなのでこれで解除できると思います。

完勝とはなってますが、呪詛師粟坂が反撃してこなければの話ですけどね。

まだ、完全に倒し切ったような感じはしないので少し気になります。

ただ、これで帳が下りれば仲間がを引き込めることが出来るので状況は変わってきますね。

そうなれば、ますます総力戦となってきますね。

 

呪術廻戦ネタバレ禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめ

呪詛師粟坂の術式は意外に単純な物でした。

・猪野の生死が不明

・禪院甚爾の強さがヤバい

・粟坂撃破で帳の解除

今回の注目ポイントはここですかね。

このまま帳解除になるのか屋上へ向かうのか来週も楽しみです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新98話ツイッター予想

 

呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!まとめ

呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめと題してご紹介致しました。

このままの流れだと、虎杖と伏黒は屋上に向かいそうですけどどうなんですかね。

さすがに、猪野が心配で向かうとは思いますが。

当の猪野の描写が殴られた音だけで終わるっていう何とも言えないところになっているのでこちらの続きが早く観たいですね。

今後も呪術廻戦ネタバレ最新98話の確定情報が更新され次第、記事に追記していきます。

呪術廻戦ネタバレ最新98話考察!禪院甚爾と猪野の安否の感想まとめを最後までお読みいただきありがとうございます。

 

呪術廻戦ネタバレ最新98話確定情報!

無事、虎杖と伏黒は釘を破壊します。

3つの釘を破壊したので帳が破壊されるはずが、どうやら完全ではないようで術師を入れない帳だけしか上がっていない様子。

そこへ、猪野がビルの上から落下してきて伏黒の術式で猪野を救うがボロボロ状態の猪野に激怒する虎杖。

屋上でオガミ婆と孫が話をしているが孫の身体に異変が現れ、禪院甚爾の意識が覚醒する。

オガミ婆は、やはり孫が暴走しない様に魂の情報は降ろさずに肉体の情報のみを降ろすようにしていた。

だが、実際に禪院甚爾が現れ、孫の魂が禪院甚爾に取り込まれてしまったと推測をしていました。

術師を殺すように孫に指示していたため、自身も術師だろうと禪院甚爾は笑みを浮かべながらオガミ婆に拳を振りかざしました。

虎杖は屋上に向かおうとしますが、伏黒に止められます。

あくまでも目的は五条悟の奪還です。

虎杖は伏黒に猪野を任せ駅へ向かいます。

場面代わり、七海が連絡要員の補助監督や伊地知を発見。

東京メトロの神宮前から渋谷へ向かう冥冥と憂憂。

冥冥が次々と呪霊たちを倒していきます。

帳の外では、釘崎と新田が伊地知を刺した呪詛師と遭遇していました。