呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想

呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想

こちらでは2020年3月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想まとめをご紹介致します。

前回の96話では、五条の出生から呪詛師粟坂の術式の謎が解明できたのか?という感じの話となりました。

軽く前回のおさらいからいきます。

1989年12月7日、キングオブキング五条悟が生まれた。

話が代わり、過去の呪詛師の話へ。

呪詛師のオガミ婆が知らない娘になりきってその父親の首に杭を一突きする場面に。

ここで呪詛師オガミ婆の術式が判明。

本人の身体が必要だがすでにこの世にいないものを降ろして化ける事が出来る能力だった。

ここで場面代わり森の中で木に打ち付けられている皮膚。

呪詛師粟坂が強引に引き剥がした模様。

土に埋められた若者が命乞いするが、頭皮に切り口を入れそのまま指で引き剥がされる。

呪霊の相手に手いっぱいになる呪術師達なので上手く立ち回れば俺達は自由だったと語る。

黒服から五条悟の話を聞きやるなら早い者勝ちと言われる。

ある街中でまだ子供の五条悟と接近した呪詛師のオガミ婆と粟坂。

五条悟の一睨みで自然と悪寒が走り手の震えが止まらない。

その瞬間理解する。

五条悟が原因で呪霊の活発化、世界の均衡が変わったと事を。

時は現代へ。

自由を奪われた呪詛師の憤りは計り知れない。

相変わらずノーダメージの粟坂。

タフとかそんなレベルでもなく、攻撃の無効化でもない様子。

すると伏黒が何かに気付き、突如五条悟が渋谷に来ているとハッタリをかます。

呪詛粟坂はすぐに嘘だと見抜く。

ただ、ここで伏黒は何かを狙ったかのように影絵脱兎を繰り出す。

一旦下がれと虎杖に声をかけ、奴の術式が分かったと言う。

術式看破の次号へ。

では呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想をご覧ください。

※最後に、呪術廻戦97話最新ネタバレがあります。

 

呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!

遂に呪詛師の術式判明か?の96話でした。

時間かからないはずが思った以上に時間かかっちゃってますね。

でも、これからは虎杖と伏黒のコンビプレイがしっかり見れそうです。

来週も楽しみですね。

呪術廻戦ネタバレ最新97話の考察と感想ご紹介していきます。

 

呪詛師粟坂の肉体は五条悟と関係がある?

伏黒が、呪詛師粟坂の何かに気付いた時、頭の中に五条悟が浮かびました。

そして、何故かハッタリをかましコイツは五条先生には勝てないと心の中で思っていました。

粟坂の術式は自分よりも強者がいないという絶対の自負から生まれるものなのでしょうか?

だから揺さぶりをかけていたように見えます。

激しく動揺が見えた時に、急に弱くなったりするんですかね?

 

呪詛師粟坂の術式に匕首は関係なかった?

これも、前回虎杖が薄皮一枚斬られましたがそもそも術式とは関係なさそうです。

今回の話で、はっきり描かれてはいませんが皮膚に切り込みを入れそこから剥がすような仕草が見えました。

なので、匕首自体は斬るだけのものと思われます。

それ以前の、そもそもの脚力やタフさ腕力に術式の謎があると思います。

今後は、その謎の解明が楽しみですね。

 

オガミ婆はやはり降霊術を使う

オガミ婆の術式は降霊術でした。

若い娘に成りすまして相手を仕留めていました。

晩年は年老いて肉体の限界でもあったのか?

男性には成りすませないのか?

前回の猪野との対戦中は、降霊させた伏黒父は孫に降ろさせてました。

相手の力が強大な為、孫に降ろさせたんですかね?

まだ色々不明なところはありますね。

 

五条悟と世界の均衡

五条悟が爆誕した事によって世界のバランスが変わりました。

これによって呪詛師の行動が抑止される結果となりました。

五条が封印された時、七海が言う世界が終わる発言もこれに関連したものだったのでしょうか?

呪霊の力は増し続け、呪詛師も自由になる。

こうなると誰も止められなくなりますからね。

 

呪術廻戦ネタバレ五条の能力と呪詛師の術式の感想まとめ

呪詛師の過去と五条悟が生まれた時から凄すぎたってところです。

・五条悟による世界の均衡

・オガミ婆の術式

・粟坂の術式看破

今回の注目ポイントはここですかね。

粟坂の術式がどのように解明されていくのか来週も楽しみです。

 

呪術廻戦ネタバレ最新97話ツイッター予想

子供五条悟はすでに能力も懸賞金も規格外?

子供五条悟が凄いですね。

『ザコが見てんじゃねーよ』の発言があります。

五条も相手が呪詛師と理解して睨んでいたんでしょう。

呪詛師も領域に五条が入ってきた途端、肌でその凄さを感じています。

賞金トータル額も桁外れになっていますが、誰が付けた金額何でしょうかね?

 

呪詛師粟坂の術式は誰かを身代わりにしてる?

たしかに、ダメージ転嫁の可能性もありますよね。

余りにもダメージが無さすぎます。

たしかに皮を重ね着する事でも出来るんですかね?

そこで皮膚を融合させて強靭な皮膚でも生成してるんでしょうか。

皮膚が焼けたら本体が出てくるとかだったら凄いですけどね。

 

式神脱兎で時間稼ぎ?

脱兎かわいいです。

呪詛師からの距離を取る為の陽動ですかね?

それとも目くらましなのか、時間稼ぎですかね。

何故か一匹、虎杖が連れている兎が可愛いです。

直接体当たりしてる描写は無いですが、粟坂の肩を駆け抜けているように見えます。

元からダメージを与えるものではなさそうですね。

 

地上最強の生物?

ここはもはやネタですが。

たしかに、余りにもダメージ通らないですからね。

某、地上最強の生物と間違わられても仕方ないです。

『阿呆がッッッ!!』とか

『負け犬どもが ハネッ返りおって』とか

言い始めたら面白いですね。

もう作品変わってしまいますが。

 

呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想まとめ

術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想と題してご紹介致しました。

来週は、粟坂との戦いがメインになりますかね?

また場面が変わって猪野の戦いになりそうな気がしますが。

せめて、粟坂の術式解明までされることに期待します。

今後も呪術廻戦ネタバレ最新97話の確定情報が更新され次第、記事に追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

呪術廻戦ネタバレ最新97話確定情報!※2/29更新

場面は、オガミ婆と孫と対峙している猪野。

雰囲気でも強いと悟った猪野は先制攻撃を繰り出す。

しかし、あまりの速さに帽子が取られてしまいます。

さらに、顔面を殴られその反動で後ろに跳ね返るがそのまま服をつかみながらひたすら殴り続けられます。

地上戦では、脱兎が粟坂を囲んでいます。

粟坂は脱兎で脱がれた虎杖と伏黒の攻撃を警戒していました。

ふと兎の術式が消えた瞬間、満象の巨体が降ってきて粟坂を潰しました。

満象を持ちあげる粟坂は、伏黒の戦い方にいら立ちを覚える。

そこへ、虎杖が自動車を投げつけます。

粟坂は自動車を弾き飛ばします。

ひたすら、男に攻撃を繰り出す虎杖と伏黒の2人。

粟坂は本気になった2人を見て笑っています。

粟坂の術式はあべこべで。攻撃が弱ければ強く、強ければ弱い能力。

粟坂は匕首を取り出し、本気モード。

場面は少し遡り、伏黒が術式について話す場面へ。

強すぎたり弱すぎる攻撃に意味が無いと思った伏黒はある程度の力で攻撃する事を提案。

虎杖と伏黒が力いっぱい殴っている時に、粟坂は突然吐血します。

伏黒の式神がまがそこそこの攻撃で粟坂に攻撃していました。

そこから虎杖と伏黒の2人で攻撃を続けます。

術式の謎が見破られた粟坂は調子に乗るなと大激怒します。

そこへ、虎杖が殴りに来たので、匕首で反撃をしました。

が、虎杖はそれを寸止めにして粟坂は完全無防備に。

ある程度の力で加減された虎杖の拳を食らい遂に倒れました。