呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想

呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想
Pocket

こちらでは2020年3月2日(月)発売の週刊少年ジャンプ呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想まとめをご紹介致します。

前回の96話では、五条の出生から呪詛師粟坂の術式の謎が解明できたのか?という感じの話となりました。

軽く前回のおさらいからいきます。

1989年12月7日、キングオブキング五条悟が生まれた。

話が代わり、過去の呪詛師の話へ。

呪詛師のオガミ婆が知らない娘になりきってその父親の首に杭を一突きする場面に。

ここで呪詛師オガミ婆の術式が判明。

本人の身体が必要だがすでにこの世にいないものを降ろして化ける事が出来る能力だった。

ここで場面代わり森の中で木に打ち付けられている皮膚。

呪詛師粟坂が強引に引き剥がした模様。

土に埋められた若者が命乞いするが、頭皮に切り口を入れそのまま指で引き剥がされる。

呪霊の相手に手いっぱいになる呪術師達なので上手く立ち回れば俺達は自由だったと語る。

黒服から五条悟の話を聞きやるなら早い者勝ちと言われる。

ある街中でまだ子供の五条悟と接近した呪詛師のオガミ婆と粟坂。

五条悟の一睨みで自然と悪寒が走り手の震えが止まらない。

その瞬間理解する。

五条悟が原因で呪霊の活発化、世界の均衡が変わったと事を。

時は現代へ。

自由を奪われた呪詛師の憤りは計り知れない。

相変わらずノーダメージの粟坂。

タフとかそんなレベルでもなく、攻撃の無効化でもない様子。

すると伏黒が何かに気付き、突如五条悟が渋谷に来ているとハッタリをかます。

呪詛粟坂はすぐに嘘だと見抜く。

ただ、ここで伏黒は何かを狙ったかのように影絵脱兎を繰り出す。

一旦下がれと虎杖に声をかけ、奴の術式が分かったと言う。

術式看破の次号へ。

では呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!五条の能力と呪詛師の術式の感想をご覧ください。

※最後に、呪術廻戦97話最新ネタバレがあります。

 

呪術廻戦ネタバレ最新97話考察!

遂に呪詛師の術式判明か?の96話でした。

時間かからないはずが思った以上に時間かかっちゃってますね。

でも、これからは虎杖と伏黒のコンビプレイがしっかり見れそうです。

来週も楽しみですね。

呪術廻戦ネタバレ最新97話の考察と感想ご紹介していきます。

 

呪詛師粟坂の肉体は五条悟と関係がある?

伏黒が、呪詛師粟坂の何かに気付いた時、頭の中に五条悟が浮かびました。

そして、何故かハッタリをかましコイツは五条先生には勝てないと心の中で思っていました。

粟坂の術式は自分よりも強者がいないという絶対の自負から生まれるものなのでしょうか?

だから揺さぶりをかけていたように見えます。

激しく動揺が見えた時に、急に弱くなったりするんですかね?

 

呪詛師粟坂の術式に匕首は関係なかった?

これも、前回虎杖が薄皮一枚斬られましたがそもそも術式とは関係なさそうです。

今回の話で、はっきり描かれてはいませんが皮膚に切り込みを入れそこから剥がすような仕草が見えました。

なので、匕首自体は斬るだけのものと思われます。

それ以前の、そもそもの脚力やタフさ腕力に術式の謎があると思います。

今後は、その謎の解明が楽しみですね。

 

オガミ婆はやはり降霊術を使う

オガミ婆の術式は降霊術でした。

若い娘に成りすまして相手を仕留めていました。

晩年は年老いて肉体の限界でもあったのか?

男性には成りすませないのか?

前回の猪野との対戦中は、降霊させた伏黒父は孫に降ろさせてました。

相手の力が強大な為、孫に降ろさせたんですかね?

まだ色々不明なところはありますね。

 

五条悟と世界の均衡

五条悟が爆誕した事によって世界のバランスが変わりました。

これによって呪詛師の行動が抑止される結果となりました。

五条が封印された時、七海が言う世界が終わる発言もこれに関連したものだったのでしょうか?

呪霊の力は増し続け、呪詛師も自由になる。

こうなると誰も止められなくなりますからね。

 

呪術廻戦ネタバレ五条の能力と呪詛師の術式の感想まとめ

呪詛師の過去と五条悟が生まれた時から凄すぎたってところです。

・五条悟による世界の均衡

・オガミ婆の術式

・粟坂の術式看破

今回の注目ポイントはここですかね。

粟坂の術式がどのように解明されていくのか来週も楽しみです。

 

2020年10月新着アプリ
ヒーローカンターレ  

GOH・神之塔などLINE漫画キャラ集合!