FFVIピクセルリマスターの変更点は?みんなの評判や実際にプレイした感想もご紹介!

Pocket

こちらの記事では、FFVIピクセルリマスターの変更点や評判をご紹介していきます。

あの有名なFFシリーズのリマスターですから、どのような評価を受けているのか気になっている方も多いと思います。

結論から申し上げると、昔プレイした方にとっても、新規でやり始める方にもオススメできる内容に生まれ変わっていました。

こちらの記事では実際にプレイした感想も含めていますので、リアリティを持った記事に仕上がっていると思います。それでは、変更点から見ていきましょう!

2023/5/31(水)にSwitch、PS4でⅠ~Ⅵのピクセルリマスターが発売!
FF35周年特装版の予約ができるのはスクエニeストアだけ!

FF Ⅰ~Ⅵ リマスター 35周年特装版

FFVIピクセルリマスターの変更点は?

FFVIの“ピクセルリマスター”とは何でしょうか。

まずは変更点についておさらいしていきたいと思います。

FFVIピクセルリマスターならではの要素とは?

大きな変更は、グラフィックやサウンドのリメイクがされている点です。

FFシリーズは、美麗なドット絵とクオリティの高いBGMがとても有名ですよね。

昔のハードはどうしても容量が足りず、表現方法には限界がありました。

しかし今作では、あの頃の雰囲気を残しながら、ドット絵はさらに品質が向上。キャラクターやマップ上のドット絵等はもちろんですが、魔法やスキルの演出にもこだわっているようです。

昔の名曲が現代風にアレンジされているのも、ファンからしてみればとても嬉しい内容だと思います。

個人的に思い出深いFFVIの曲といえば……『決戦』です。

ボス戦で流れるこのBGMは、あの頃の私たちを奮い立たせる曲でした。

「昔の方がよかった……」と評価しているファンは確かにいます。しかし、大好きな曲をプロがもう一度作り直してくれるという事の偉大さが分かる人には、非常に刺さる変更だと思います。

他にも、モンスター図鑑やサウンドプレイヤー、ギャラリー等のコンテンツがゲーム内に追加されています。

こういった追加要素については、コアなファンにとっては非常にうれしい内容ですよね。

なくなった要素はある?

もちろんコアなファンだけではなく、新規に始めてみたいという方にとってもおすすめできます。

その理由は、昔のゲームならではの難しさが改善されているからです。

  •  ステータス異常「毒」の改善
  • 即死攻撃への耐性

ステータス異常「毒」の改善

原作の「毒」は、ダメージがターン経過ごとに2倍、3倍、4倍……と増えていく仕様でしたが、今回は一定になっています。

原作をプレイしていたらわかりますが、他のステータス異常よりも格段に恐ろしい仕様でした。

ちょっと放置しよう……なんて思っていたら壊滅、なんてことはザラです。

即死攻撃への耐性

こういったのは、昔ならでは理不尽な内容だと思います。削除されたわけではなく、一部の確定技に対処法が追加されたという形です。

RPGならではの戦略性を損なわず、過度なストレスが感じにくくなるように調整がされています。

上記の2点は、プレイヤーのことを考えて調整されているように感じました。

根幹となるシステムや、極端に難易度が下げられているわけではないので、FF6を純粋に楽しみたいという方にも安心です。

また、注意点になりますが、減らされてしまった要素もあります。

FF6は以前に、ゲームボーイアドバンスや、スマートフォンに移植されています。

そちらの移植作では、隠しダンジョンや隠しボスが用意されていました。

その要素はなくなっていますのでご注意ください。

あくまでも原作準拠にリマスターがされているということになります。

プレイした感想やネットの評判をご紹介!

ここからは実体験やネット上の評判をご紹介してまいります。

実際にプレイした感想は?

正直なところを申し上げますと、思い出補正込みでとても楽しんでプレイしています。

細かなグラフィックや演出、楽曲の変わっている部分など、コアなファンであればあるほど楽しめる内容です。

特にシナリオ面では、総勢14人の主人公が登場します。

この14人全員が主人公という異例の作品ですが、物語がバランスよく成り立っています。物語に置ける重要度に程度の差はあるものの、上手くシナリオに混ぜ合わせているなと感じました。

特にキャラクターたちの名台詞は、実際に生で見ると胸が熱くなってきます。

現在はまだプレイ中で、進行度は中盤あたりをやっている途中ですが、今後のストーリーが楽しみで仕方ありません。

ネットの評判はどうなってる?

Twitterで調べてみましたが、このような意見がありました。

やはり懐かしさに加えて作品のクオリティは健在です。ネット上のプレイヤーも肯定的な意見が多く感じます。

まとめ

FFVIは、ナンバリングの中でも非常に高い評価を受けている作品です。たくさんの主人公が織りなす群像劇としての完成度は、JRPGの歴史上、類を見ない仕上がりになっています。

しかし現在プレイしようと思っても、ファミコンやGBAを持っている人は多くありません。

ピクセルリマスターとして幅広い媒体で配信されたのは、現代に即したやり方ですね。

私はファイナルファンタジーシリーズがとても大好きなので、これを機に多くの方々に遊んでいただければと思っています。

この記事を読んで興味を持った方がいましたら、ぜひ購入をご検討してみてください!

2023/5/31(水)にSwitch、PS4でⅠ~Ⅵのピクセルリマスターが発売!
FF35周年特装版の予約ができるのはスクエニeストアだけ!

FF Ⅰ~Ⅵ リマスター 35周年特装版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です