ドラえもんふしぎビジョンの口コミ評判レビューは?対象年齢や使い方は?

Pocket

ドラえもんと一緒に楽しむ「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」が発売されます。

こちらは、ドラえもんを壁や天井に映像を映して遊ぶことのできる、トイプロジェクターです。

CMで放送されており、気に合っている人も多いですよね。

そこで今回は、「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」の口コミや評判、レビューを調べてみました。

ただドラえもんを映すだけでなく、対象年齢や豊富なコンテンツや使い方のご紹介も一緒に致します。

それでは、いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの口コミ評判レビューは?対象年齢や使い方は?をご覧下さい。

\予約受付中!売り切れ注意!/

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの口コミ評判レビューは?

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンが気になっている人も多いですよね。

では早速、口コミや評判、レビューを見ていきましょう。

※現在、まだ発売前となるのでツイッターでの口コミ感想を載せています。

 

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの悪い口コミ評判レビューは?

まだ発売して間もないので、口コミが見当たりませんでした。

発売してから間もないですが、良くない部分の口コミが無いのはいい事だと思います。

 

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの良い口コミ評判レビューは?

欲しい、プレゼントにしたい、魅力的など発売前から期待している人が多いのが印象的でした。

ドラえもんが好きな人はもちろんですが、お子さんでドラえもんを知らない子も少ないと思うのでプレゼントとしても最適ですね。

発売は12月11日ですが、この時期だとすぐに売り切れてしまう可能性も十分あります。

売り切れで入荷から数週間数か月待ちも考えられるので、早めの行動がいいかもしれませんね。

\予約受付中!売り切れ注意!/

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンを遊び尽くせる48種類のコンテンツ

映像が映るだけではありません。

48種類ものコンテンツがあり、クイズやマッピング機能を使った遊びなど豊富に収録されています。

それぞれ項目に分けてご紹介します。

 

クイズ・ちいく(20種類)

専用のマッピングボードとコントローラーを使用して、20種類のクイズやゲームを遊ぶことができます。

コントローラーでドラえもんを動かし、どらやきをキャッチする「どらやきキャッチ」や、

何の音かを選択肢から選んで答える「おとあてクイズ」など、ドラえもんと楽しく遊ぶことができます。

また、クイズには「かんたん」と「むずかしい」の2種類の難易度があり、お子様の成長に合わせて遊ぶことができます。

 

プロジェクトマッピング(4種類)

プロジェクトマッピングで遊べるコンテンツは4種類あります。

付属されているドラえもんボードで、プロジェクトマッピングを映し楽しむ事が出来ます。

美しく素敵な映像を4種類、連続で投影することができるそうです。

4種類で約6分半ほどの映像になるそうです。

 

ミニゲーム(14種類)

「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」にはミニゲームが14種類収録されています。

「かんたん」と「むずかしい」の2種類の難易度が用意されたミニゲームもあれば、

よく考えてぴったりのお会計を目指す「ぴったりおかいけいしよう!」なども収録。

遊びの中で生活に必要な知識・技能を身に付けることが出来そうですね。

 

おやすみムービー(6種類)

寝る前には天井に映像を映してみるのはいかがでしょう。

のんびり安らいだ音楽と、川のせせらぎや海の中など自然を楽しむ6種類のムービーが収録されています。

親子でゆったりと気持ちの良い眠りに入ることが出来そうです。

 

おやすみ よみきかせ(4種類)

読み聞かせも収録されています。

「アンキパン」や「タイムふろしき」など、誰もが知っているであろう、ドラえもんのお話が4種類収録されています。

\予約受付中!売り切れ注意!/

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの対象年齢や使い方は?

では次に、対象年齢についてご紹介しました。

それと、使い方も載せていますのでご覧下さい。

 

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの対象年齢は?

公式サイトでは、対象年齢が3歳以上と記載されています。

コントローラーでの操作などがあるので、ある程度手指を自由に動かせるようになってからが良さそうですね。

 

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの使い方は?

大きく分けて使い方は2通りあります。

壁にマッピングボード投影する方法と、天井に投影する方法があります。

壁用の投影には、いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンに付属されている専用マッピングボードを使います。

それでは、それぞれ両方の使い方を見てみましょう。

 

マッピングボードを使う方法は?

まずは、マッピングボードの使い方のご説明です。

専用のマッピングボードを壁際に設置し、そこから1.2mほど離れたところに投影機本体を置きます。

すると壁に0.8m×0.8mの大きさの映像が投影できます。

映像を映す時は部屋のカーテンを閉めるなどして、光が入ってこないようにしましょう。

投影する壁は白以外の壁だと、映像が映らないことがあるそうです。

投影する時は、出来る限り城に近いkべまたは白色の壁がいいかもしれませんね。

 

天井に投影させる方法は?

天井に投影する場合は、投影機本体から約2.2m上の天井に映像が映し出されます。

この時の大きさは1.5m×1.5mほどです。

こちらも先ほどの壁に投影する時と同じで、壁の色や明るさにお気を付けください。

 

いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョンの商品内容は?

入っているものは、以下の通りです。

  • 本体×1
  • ドラえもんボード×1
  • コントローラー×1
  • スタンド×1
  • マッピングボード×1
  • マッピングボード台座×1
  • 取扱説明書×1
  • タカラトミーACアダプターTYPE5C2×1

\予約受付中!売り切れ注意!/

まとめ

今回は「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」の口コミや評判、レビュー、使い方や性能についてお伝えしました。

口コミや評判、レビューを、あなたのご家庭で購入するかの参考にしてみてください。

「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」はコンテンツが48種類と豊富でしたね。

使い方や性能をこの記事でよく確認し、お子様と楽しく遊んでくださいね。

お部屋時間やお休み前の家族の時間が、「いっしょにあそぼう!ドラえもんふしぎビジョン」で幸せなものとなりますように。

それでは、ドラえもんふしぎビジョンの口コミ評判レビューは?対象年齢や使い方は?を最後までご覧いただきありがとうございました。

\予約受付中!売り切れ注意!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です